BLOGブログ

2021.10.24.

最低気温がマイナスに。 高原農場での、周辺景色。

標高1000mの飯綱高原農場。
軽井沢とほぼ同じです。

例年、チャービル等の暑さに弱い品種を
こちらの農場で栽培しています。
本社の農場は標高300m。
最高、最低気温を比較すると
5℃程度、高原の方が低くなるイメージです。

10月上旬。農場内から撮影。
10月下旬①。上の写真と同じ方角です。
10月下旬②。こちらも同じ方角。アルプスに積雪。白馬方面かな?
10月下旬。こちらは別方角の飯縄山。
少しずつ紅葉が始まっています。ハイキングをするにはとても良いタイミングですね。余裕があれば山歩きしたいですね!
ハウス内のチャービル。そろそろ栽培終了の予定。

最低気温は3~5℃。週に1度、マイナスになる感じです。

そんな中でも、ハウス内ではチャービルの栽培は
もうしばらく行います。

肥料の吸収も、夏程ではないものの
意外と多く必要としていて、
まだまだ元気です。
セリ科のチャービルは他の野菜に比べて水をたくさん吸収します。
同じ科のセロリもそのようですね。
見た目はかなり違いますが。
ただ、晴れるとハウス内は暖かいですが、水はとても冷たい!
ハーブたちも、びっくりしている事でしょう・・・。

暑い夏の高原農場には栽培管理上、非常に助けられますが、
往復で1時間半掛かるのには一苦労。
効率向上の目的でIOTも積極的に導入したいところですが、
そのまま導入すると、現状では効果が出せなそう。
その為、まずは遠隔で温度の把握をしようという事で、
温度計をwifiで繋ぎ、リアルタイムで確認できるようにしました。
これが予想以上に良かったので、部分的に必要な要素を
単体のツールで保管するなどして
工夫してみたいと思っています。

NEW ARTICLES

  • 2023.02.23.

    白糸の滝 冬のライトアップ

    2月のライトアップ最終日でした。
    終了15分前に到着!!
     
    滝や周辺の道中が灯りで照らされて幻想的で綺麗でした。

    [周辺の風景や様子]
  • 2023.02.22.

    2月 農場の様子。

    2月中旬、農場周辺から見た空。
    手前はリンゴとブドウの樹。

    日照時間は伸びてきましたが、最低気温は-3~-5℃まだまだ寒いです。

    [農場の様子]
  • 2022.03.02.

    3月 農場の様子

    まだ最低気温は-5℃を下回る日はあるものの、陽の長さや、日中の日差しの強さからは春の訪れを感じます。

    [農場の様子]

CATEGORY